アルバイトの意味と立場 - 労働事情

労働事情 > アルバイトの意味と立場
労働事情

アルバイトの意味と立場

アルバイトはドイツ語の労働を意味する言葉から、日本語になったと言われる呼び方です。
最近ではパートタイマーと同義と捉えられているようです。
正社員との違いは労働時間が短い、契約期間が異なるといった違いで区別されます。

一般的なアルバイトの捉え方は、本業があるが、その本業を支えるための副業としてアルバイトをしている、といった様に使われています。
短期的なアルバイトは専門的な知識を必要としない人手がいる比較的簡単な仕事を指すことが多く、採用期間を限定されて働くといった状態が通常です。
1日~半年程、期間は様々ですが短期の約束で日給又は、日給をまとめて月給で支払われるといった給与形態が多くみられます。

職種的にも正社員が避ける夜勤労働などの仕事を、アルバイトを雇用して、仕事に当たらせることも多くみられるようです。
本業で賄えない経済的な側面をアルバイトで賄い、将来本業で生活を成り立たせていこうとしている人は多くいるようです。
アルバイトは単に割の良い仕事と割り切って経済的な面だけをみて、仕事をする人も多いと言われています。

Valuable information

町田のおすすめ脱毛サロン厳選5選!

最終更新日:2017/10/19

top