契約社員の条件 - 労働事情

労働事情 > 契約社員の条件
労働事情

契約社員の条件

企業や組織と特定の期間を契約して雇用される形態を、契約社員と呼びます。
契約中は正社員と同様の常勤となり、パートタイマーやアルバイトと区別があるようです。
組織によって呼び方が違いますが、一般的には期間契約社員、有期間社員、期間従業員、臨時社員などと呼ばれます。
工場勤務の場合などは期間工などと呼ばれることもあります。

契約社員は企業や組織と直接雇用契約を結んだ労働者として扱われます。
給与支払いは、月給制か日給制で支払われ残業代、交通費、その他の手当が付く場合もあります。
アルバイトやパートタイマーとの違いは契約書を交わすところが大きな違いでしょう。
また、アルバイトやパートタイマーは出勤日や拘束時間をある程度選択することができるようになっていますが、契約社員の場合はフルタイムで勤務する状態になります。

契約社員には、社会保険に加入が義務付けられているところも多いようです。
契約期間は様々ですが3か月から最長でも1年が契約期間となります。

注目サイト

セラフの子供服

Last update:2017/10/19

top